看護師人生をRE・Startしたいと思ったら、
メディカルCOCOにお任せください。

メディカルCOCO

メディカルCOCOは医療に関わる人たちが、
幸せになるためのお手伝いをする会社です。

④看護師の働き方

透析看護師ってどう?〜メリットとデメリット〜

  • 投稿日:2019年02月14日

様々な診療科があるように、それらの科に特化した看護師さんがいらっしゃいます。その中でも専門のクリニックも多い透析科。その看護のスペシャリスト「透析看護師」の働き方について、実際はどうなのか、どんな人が向いているのか知っておきましょう!


 透析看護師とは?


そもそも透析を行わなければいけない方は、腎臓で血液をろ過する機能が低下し、人工的に血液をろ過する必要がある方です。透析療法には血液透析と腹膜透析の2種類の方法がありますが、腹膜透析は患者さんが自ら自宅や職場で行う事ができ、通院は月に1、2回でよく、それに対して血液透析は週3日ほどの通院が必要になります。主に後者の患者さんのケアを行うのが透析看護師さんです。

【主な役割】

(1)透析の準備・穿刺・抜針・止血
(2)透析中の患者の観察・バイタルチェック
(3)患者の健康管理と生活指導

などが挙げられます。また透析患者さんは様々な合併症リスクも高かったり、透析中に急変する可能性も高く、幅広い知識が必要です。


 透析看護師のメリット


(1)日勤常勤・日曜休みの求人が多い
(2)日勤常勤・日曜休みの割に高給与
(3)患者さんと長くじっくり付き合える
(4)より専門的な資格取得でスキルアップが目指せる

(1)患者さんは基本通院の方だけなので、病棟のような夜勤はありません。あっても準夜勤くらいです。そして、日曜日が休みの所が多いので、会社員に近い勤務時間になるで、友達や家族との時間を作りやすい、という事が一番のメリットと言えるでしょう。

ただ最近では24時間対応の透析クリニックも増えてきており、必ずしも日勤だけとは言えなくなってきました。その場合でも日勤だけの勤務を選べたり様々な選択肢が用意されているので、よく求人を確認してくださいね。

(2)(1)に付随しますが、日勤のみ、日曜休みの他の科のクリニックより透析看護師の方が給与が高い所が多いです。ただそれにはそれ相応の大変さがあるという事は、もちろん肝に銘じておいた方がいいでしょう。

(3)透析の患者さんは半永久的に通院しなければいけないので、患者さんの入れ替わりも少なく、一人一人との関わりが深く、長くなります。患者さんとじっくり付き合いたいと思っている方には、ぴったりの仕事だと思います。

(4)そして何よりもかなり特化した業務なので「慢性腎臓病療養指導看護師」(旧透析療法指導看護師)「透析看護認定看護師」「透析技術認定士」というような資格取得を目指せ、ステップアップしていけます。長く看護師を続けていく上で、このような資格は有利になるので、先の事も考えて透析看護師を選ぶ方もいらっしゃいます。


 透析看護師のデメリット・求められる資質


(1)長期の休みは取りにくい
(2)機械操作が苦手な人は無理かも?!
(3)コミュニケーション能力がいる

(1)日曜が休める、という点ではメリットですが、逆に透析の患者さんはお盆や年末年始が関係ないので、透析看護師さんも土曜や祝日は関係なく、長期の休みもなかなか取りにくい、というデメリットがあります。もちろん交代で取れる所もありますが、長くても3日程度のところが多いので、事前によく確認しておいた方がいいと思います。

(2)持っておいた方が良い資質は、「機械操作に強い事」かもしれません。

確かに大きな施設などでは、臨床工学技士(ME)さんが配属されていて、機械操作に関して完全に分業ができている所もあります。しかし、まだまだ一般のクリニックでは、看護師さん自身それぞれの患者さんの状態に合わせて機械の設定を行わなければいけません。

今まで使った事がない複雑な機械を使いこなさないといけない為、覚えるまでは誰でも大変です。なのでそもそも機械の操作などが苦手、機械音痴だと思う人はかなり辛いかもしれません。また、この操作が命に直結しているので、よりストレスになるでしょう。やはり機械操作に抵抗がないに越したことはないと思います。

(3)看護師の方であれば透析にくる患者さんは気難しい人が多い、自己管理が出来ない人が多い、と聞いた事があると思います。これについては一概に言えませんが、地域性や環境などによって変わるところはあると思います。

ただ確かに、透析看護経験者は患者さんとのコミュニケーションの難しさをお話しされる方が多いですね。患者さんの方が透析に慣れていて手技の良し悪しを罵倒されたという話も耳しますし、院内の事情に詳しかったりするので初めは辛い事が多いかもしれません。
なので、患者さんとのより柔軟なコミュニケーション能力や、めげないメンタルなどが求められますし、それらが 鍛えられる現場でもあると言えるでしょう。


 まとめ


子供も出来たし夜勤のない透析クリニックに転職しようかな、と考えている方もいらっしゃると思いますが、どうでしたでしょうか?

思っている以上に幅広い知識と、細かい作業が求められる専門分野です。病棟から転職される方は、最初は覚える事の多さにびっくりするかもしれません。専門的すぎて、他に潰しが利かなくなるという側面もありますが、規則正しい勤務ができながらも、特化した仕事を身につけられ、ステップアップが目指せる仕事と言えます。

ぜひ、メリット、デメリット、必要な資質を参考にして、今一度自分に合っているか考えてみてください。そうする事で転職後のミスマッチが少なくなりますよ。

透析看護の現場の声などもう少し話を聞いてみたいという方は、メディカルCOCOに相談してみてください。

           看護師人生のRE・Startはここから ご質問。・ご相談など気軽にお問合せください。

受付時間 10:00-19:00 (定休:土日祝)

ページ上部へ戻る