看護師人生をRE・Startしたいと思ったら、
メディカルCOCOにお任せください。

メディカルCOCO

メディカルCOCOは医療に関わる人たちが、
幸せになるためのお手伝いをする会社です。

メディカルCOCOとは?

Connect & Consulting !!

Connect & Consulting !!メディカルCOCOは医療に携わるすべての方々を明るい未来へとconnect(つなぐ)ことと、病院などの医療機関の発展を consulting することを使命として、発足した会社です。 医療従事者や医療機関で勤務を希望する方々には、最良な転職先をサポートすること。医療機関や施設には医療従事者の人材確保に関する情報提供等のサポートすること。医療を求める人材(患者や入居者)には適切な医療現場の情報提供をサポートすること。 日本における医療現場でのあるべき姿を追い続けるため、医療に携わるすべての方々に最適な情報提供を行い、より良い方向へ向かう為の一助として日々努力致しております。 メディカルCOCOでは、病院・クリニックはもちろんですが、在宅医療や介護施設、治験業界等、様々な求人をご用意させて頂いております。サポートさせて頂いている職種は、医師・看護師・保健師・助産師です。また、その他コメディカルの方でも、ご相談頂ければ個別に対応をさせて頂いております。 プロのキャリアコンサルタントが、求人票には載らない、病院、クリニックの内情まで把握するように努めているため、本当に知りたい情報をお届けする事が可能です。 求人が出ていない場合でも、希望する医療機関への求人状況の確認を、私どもが代わりに行いますので、忙しい中での転職活動を少しでも効率的に進めるお手伝いをさせて頂ければと思っております。 もちろん、ただご紹介させて頂くだけではなく、履歴書の書き方や面接対策、入職後のフォローなど、専任コンサルタントとして、最大限のサポートさせて頂き、みなさまが医業に専念できる環境を作り出す事を目指してまいります。

スタッフ紹介

代表取締役 首藤 崇宏

「ちょっと変わり者かもしれませんが(笑)、
愛を持って仕事に取り組んでいます‼」

株式会社メディカルCOCO代表取締役 首藤 崇宏

1971年9月3日生まれ

幼少期

いちばん古い記憶は、九州大学病院の小児病棟のプレイルームですね。弟がずっと入院していたため、小児科病棟のプレイルームが自分の居場所でした。遊ぶのも病院で、叱ってくれるのも看護師さんだったので、医療機関で仕事をすることも抵抗がなく楽しく働けています。

思春期~社会人になって

なんとなく大学へ行くんだろうと思っていた高3の夏、クラブの卒業生が学校に来て私たちに「大学はいっぱい遊べて楽しい♪」と話してくれたことがありました。その時に私はその言葉にすごく違和感を覚えました。
「だったら大学に行っても意味がない!」と手に職をつけるため、歯科技工士になる道を選びました。実際に勉強し始めると、歯を作るための美的センスや医療の知識を得ることが楽しく感じられました。

歯科技工士は自分の性格に合っていて、熱中して仕事ができたのですが、次第に「医療」と「医業」のギャップを感じるようになり、医療の理想と現実についていけず歯科業界から離れることにしました。

迷走すら意味がある。医療業界以外の12年

歯科技工士を辞めたものの、やりたいことも特別なかったので、当時従兄弟が携帯電話の販売をしていたので、ひとまず手伝うことにしました。携帯電話が各個人に普及していく過度期だったため、飛ぶように売れました。結局、そこで営業を2年間やり、その後は趣味であった乗馬を仕事にしようと乗馬クラブで働き始めました。乗馬のインストラクターや営業を10年間やり、医療業界からは12年間完全に離れる形になりましたが、いまのメディカルCOCOの経営モデルや営業スタイルが確立された時期だと思っています。

日本一周~もう一度医療の世界でチャレンジを

36歳のころ離婚をする。その際「これまでやれなかったことをやろう!!」と、車で日本一周に挑戦することにしました。高知県の山村に立ち寄った時、村の人と医療の話になりました。その村では病気になると街まで降りていくという事実を聞きました。「平等に医療を受けられていない」「医師不足」という現実を知り、自分に何か出来ないのかと漠然と思いました。

医療業界以外で過ごした12年間と、日本一周を経て、原点に帰りたいと思った時に、医療従事者の転職サポートならば、「医療への想い」「歯科技工士の時に感じていた矛盾」「医療従事者不足のサポート」と自分が抱く理想とする仕事を実現できるのではないかと思え、大手紹介会社に就職しました。福岡で1年、東京で2年勤務する中で、九州や東北への出張が多かったので全国の病院や看護師・ドクターを知ることが出来ました。
その後、より理想を叶えられるよう株式会社メディカルCOCOを立ち上げ約6年が経ち現在に至ります。

日本全国、医療で困っている人はたくさんいますし、それを提供できる人は限られています。この仕事がそれを解決する一助になれればと思い、日々より良いサービスが提供できるように努力しています。

マネージャー 長嶋 守

「人との出会いと繋がりを大切に、
感謝の気持ちを持って取り組みます!!」

株式会社メディカルCOCOマネージャー 長嶋 守

1977年6月1日生まれ

私自身も転職の経験が何度かあります

転職は人生における選択の中でも大きな事の一つだと言えます。転職をした方が良いのか、しない方が良いのか、どこで・どんな事をやって、将来はどうなりたいのかという事で色々とその都度悩みました。そこに年齢やライフスタイルなどを加味するとより苦労した記憶があります。 この仕事をするようになって、改めて自分が転職をする時に相談に乗ってくれる、サポートをしてくれる人がいれば良かったと感じる瞬間があります。その時に客観的な意見や、自分の知らない情報、サポートをしてくれる人がいれば心強かったのではないかと思ってます。 だからこそ、今そのように考えている人・悩んでいる人がいるのであれば、少しでもお力になりたいのです!看護師としてより良く働いていく為のお手伝いを精一杯させて頂きます。
『ありがとう!』

プライベートな事ですが…

私には看護師の妻と3人の子供がいます。 妻が看護学生の時からのお付き合いなので、学生時代の実習や国家試験、新人看護師時代もそばで見てきました。結婚をして出産をして、仕事・家事・育児と頑張ってくれている姿に本当に感謝しています。だからこそ看護師に対するリスペクトが常に私にはあります。 実際に一人の看護師のライフスタイルの変化を見てきたからこそ、実体験を元にアドバイス・サポートをする事が出来ます。例えば結婚を考えている看護師さんや子供との時間を大切にしたい看護師さんなど、ライフスタイルに合わせたサポートを得意としております。

転職は『タイミング(縁)』だと思います

もちろん転職は計画的に行うのがセオリーで、事前に情報を収集しておく事も大切です。しかしそのタイミングで求人があるとも限りませんし、逆に求人が急に出る事もあります。時には思い切って飛び込む事(決断)も必要なのかもしれません。環境が新しくなる事にはどうしても不安や戸惑いもあると思います。そういった不安を少しでも取り除く事も私たちの仕事だと思っています。
「恩返し」私がメディカルCOCOに務める事になったのは、原宿にあった炒飯屋で首藤に声を掛けられたからなんです。お店のオーナーがそれぞれの知人だったようで、その場で話しをする中で突然「一緒に仕事しない?」と声を掛けられました。「はぁ?!」というのがその時の素直な気持ちで、見た目からして正直怪しいと思いました(笑)ただ、今この場のシチュエーションを考えると幾つもの偶然が重なって、ある種の必然になったのかもしれないと思いました。人との繋がり(縁)やタイミングは凄く大切だと思っていたので、この出会いには何か意味があると最終的には考え、お世話になる事を決めました。今では「あの時、声を掛けて良かったよ」と首藤に言ってもらう事を目標の1つとして働いています。
           看護師人生のRE・Startはここから ご質問。・ご相談など気軽にお問合せください。

受付時間 10:00-19:00 (定休:土日祝)

ページ上部へ戻る